トップページに戻る

このプロジェクトについて
プロジェクトのお誘い
インフルエンザ流行状況

My DATA

その他
お問い合わせ
■管理者:西藤なるを 西藤小児科 こどもの呼吸器・アレルギークリニック
訪問者数

(Since 2005/11/03)
presented by
Children Research Online

インフルエンザ関連トピックス

2019年01月17日(木)
● インフルエンザ流行情報
薬局サーベイランス:1週間の推定患者数は約168万人
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000029-kansensho-hlth
## 更に患者数が増加して大規模な流行となる可能性があり、警戒が必要
群馬県:インフルエンザ、県が警報を発令
https://www.asahi.com/articles/ASM1J5GK2M1JUHNB010.html
新潟県:県全域にインフルエンザ警報発令  人混み避け、外出後は手洗い徹底を
https://www.joetsutj.com/articles/34720775
● その他
# ▼ 麻疹
三重県:はしか感染新たに2人 津の研修会参加者
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4004930015012019CN8000/
岐阜県:はしか感染者が高山市の温泉施設利用 注意呼び掛け
https://www.gifu-np.co.jp/news/20190117/20190117-106431.html

2019年01月16日(水)
● 医学・医療・医薬
Ledge.ai:Googleを上回る精度を叩き出す、インフルエンザの流行を予測するAI
https://ledge.ai/flu-prediction-ai/

2019年01月15日(火)
● コラム・社説
FNN_PRIME:意外に多い「父親」から感染 インフルエンザ感染拡大
https://www.fnn.jp/posts/00409705CX

2019年01月14日(月)
● 管理者のイチオシ!
三重県:麻しん(はしか)患者の発生について(第5報) 届出数累計20名
http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000814588.pdf
三重県:県内のはしか感染、19人に 新たに確認
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20190114/CK2019011402000013.html
三重県:はしか - 三重で18人集団感染
http://mainichi.jp/articles/20190113/ddq/041/040/003000c
三重県:津市−13人がはしかに感染 研修会参加の10代〜20代
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190112/k10011775691000.html
● コラム・社説
キャリコネニュース:インフルエンザでも出勤しようとする上司に批判殺到
https://news.careerconnection.jp/?p=65618
## 「歩くテロリスト」「頑張ってる俺!と勘違いしてそう」
##   △ そこまで言ってしまって、、。

2019年01月12日(土)
● インフルエンザ流行情報
感染研:岐阜・北海道など警報レベル…全国で大流行の恐れ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000006-resemom-life
● その他
# ▼ 医療
Yahoo:医者はなぜ忙しい?残業年2000時間の衝撃 医師の視点
https://news.yahoo.co.jp/byline/nakayamayujiro/20190112-00110967/

2019年01月11日(金)
● その他
# ▼ 話題
滋賀県:早咲きの菜の花見ごろ 琵琶湖畔を一面黄色に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000101-asahi-soci

2019年01月10日(木)
● インフルエンザ流行情報
厚生労働省:インフルエンザの流行、本格化 「注意報」レベル上回る
https://www.asahi.com/articles/ASM1961JTM19ULBJ00Y.html
厚生労働省:インフル流行 1週間で「44万人」 「A型」が大多数
https://www.fnn.jp/posts/00409346CX
● コラム・社説
朝日新聞:インフルワクチン世界共通語は「山形」31年前の大発見
https://www.asahi.com/articles/ASM185GFHM18UZHB00C.html
● その他
# ▼ サイエンス
IROIRO:単細胞生物が“命を終える瞬間”をとらえた映像に涙が出る
https://irorio.jp/jpn_manatee/20190109/511241/

2019年01月09日(水)
● インフルエンザ流行情報
東京都:インフルエンザ「流行注意報」 都内で患者が増加
https://www.asahi.com/articles/ASM184TJYM18UTIL027.html
● 医学・医療・医薬
徳島大大学院:LED、インフルウイルス増殖抑制
https://mainichi.jp/articles/20190108/ddl/k39/040/417000c
● コラム・社説
秋田魁新報社:インフル集団感染 一人一人の予防が大切
https://www.sakigake.jp/news/article/20190108AK0010/
● その他
# ▼ 麻疹
大阪市:麻しん(はしか)患者の発生に伴う注意喚起について
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/kenko/0000457525.html
##
## JR東海道新幹線を利用し、不特定多数の方に接触している
##
大阪府:はしか患者新幹線に=大阪市が注意喚起
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12145-161212/
2019年01月08日(火)
● インフルエンザ流行情報
東京都:インフルエンザ流行本格化、東京で注意報レベルに
https://www.cbnews.jp/news/entry/20190107155244
佐賀県:県内、流行期に
http://mainichi.jp/articles/20190107/ddl/k41/040/158000c
● その他
# ▼ 医療
新潟県:りんご病の流行警報を発令
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190107443040.html
# ▼ サイエンス
togetter:「六分儀」物語。〜三角関数が人類にもたらした、最高の恩恵とは
https://togetter.com/li/1306385

2019年01月07日(月)
● その他
# ▼ 麻疹
タイ:2018年にはしかで23人死亡
http://www.newsclip.be/article/2019/01/07/38594.html
# ▼ 医療
yomiDr.:リンゴ可愛や、可愛やリンゴ でも可愛くはないリンゴ病
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181226-OYTET50025/
apital:風疹対策、東京五輪に間に合う? カギは働く男性たち
https://www.asahi.com/articles/ASLDN549TLDNUBQU00V.html


今週の診断件数:3937件・・・ただいま第02週

日 から直近の1週間を 
2019-01-06より2019-01-12までのデーターを表示しています。この期間に3937件が登録されました。そのうち特異例(重症例)が3件です。
この1週間に1件以上報告されたプロジェクト協力医師数は134名で、一人当たりの報告は29.3件です。

※ 有志医師一人当たりの報告数の日本地図は、 こちらのページです。流行期に先頭ページと置き換えます。

北海道
263
青森県
0
秋田県
14
岩手県
0
山形県
12
宮城県
0
石川県
313
新潟県
70
福島県
40
山口県
154
島根県
7
鳥取県
31
福井県
0
富山県
127
長野県
69
群馬県
68
栃木県
0
広島県
22
岡山県
34
兵庫県
101
京都府
84
滋賀県
75
岐阜県
140
山梨県
76
埼玉県
132
茨城県
77
佐賀県
0
福岡県
26
大分県
20
大阪府
416
奈良県
85
三重県
124
愛知県
342
静岡県
20
東京都
272
千葉県
152
長崎県
16
熊本県
201
宮崎県
61
愛媛県
19
香川県
39
和歌山県
116
神奈川県
112
鹿児島県
2
高知県
0
徳島県
0
沖縄県
5

報告件数と背景色
 0件  5件未満 10件未満 20件未満 30件未満 30件以上

 

今シーズンの報告(累計:11847)

※ インフルエンザの報告が少ない間、報告数の推移を詳しく知るには、 こちらのページが分かりやすいと思います。
[当DBへの診断数の経日変化グラフ]
※グラフは診断日で集計されています

本DBで提供される情報利用についての注意

本DBは有志医師からの自主的な報告を集計しております。集められた報告の地域分布や定量性については、実際の流行乖離している可能性は十分にあり得ます。 このプロジェクトの情報収集方法 を十分に理解し、表示されている情報の解釈とその利用は、ご自身の責任において行ってください。