トップページに戻る

このプロジェクトについて
プロジェクトのお誘い
インフルエンザ流行状況

My DATA

その他
お問い合わせ
■管理者:西藤なるを 西藤小児科 こどもの呼吸器・アレルギークリニック
訪問者数

(Since 2005/11/03)
presented by
Children Research Online

インフルエンザ関連トピックス

2018年04月21日(土)
● インフルエンザ流行情報
愛媛県:県内インフル報告数、前週比1.3人減
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201804190043
● その他
# ▼ 麻疹
沖縄県:患者65人に 新たに2人の感染確認
https://mainichi.jp/articles/20180420/rky/00m/040/001000c
台湾:はしか感染拡大を防げ 桃園国際空港で消毒強化
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201804200005.aspx

2018年04月19日(木)
● その他
# ▼ 麻疹
沖縄県:新たに2人感染 県内はしか65人に 感染力弱い「修飾麻疹」19人
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-703688.html
# ▼ 医療
中国:北京−親心が招く一極集中
http://tabi.chunichi.co.jp/from-the-world/180131beijin.html

2018年04月18日(水)
● インフルエンザ流行情報
滋賀県:県内のインフルエンザが終息 例年より1カ月早く
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20180418/CK2018041802000005.html
● 鳥インフルエンザ
農林水産省:日本 清浄国に−鳥インフルエンザ
http://www.jacom.or.jp/nousei/news/2018/04/180417-35067.php
● その他
# ▼ 麻疹
沖縄県:県内はしか63人に 新たに7人判明
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-703011.html
台湾:はしか感染13人に 5人はタイガーエア台湾社員 衛生省が調査へ
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201804180004.aspx

2018年04月17日(火)
● その他
# ▼ 麻疹
沖縄県:はしか患者、沖縄で新たに4人 合計56人に
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/238764
沖縄県:学級閉鎖 名護の中学校、生徒1人感染
https://mainichi.jp/articles/20180417/rky/00m/040/006000c
茨城県:麻しん(はしか)患者の発生について
http://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/yobo/kiki/yobo/kansen/idwr/press/2018041
## 沖縄県の流行との関連性は、、。
##
厚労省:“輸入はしか”沖縄で感染拡大 国が注意呼びかけ
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125290.html

2018年04月16日(月)
● その他
# ▼ 麻疹
沖縄県:県内のはしか患者、6人増え52人 職場内感染の可能性も
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/237953

2018年04月14日(土)
● その他
# ▼ 麻疹
厚労省:旅行先の沖縄で名古屋の10代男性がはしかに感染
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/237303
沖縄県:新たに3人、はしか感染 県内患者は計46人
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-700761.html
# ▼ 医療
UCLA:最先端の医学では「白米は体に悪い」が常識だ
https://toyokeizai.net/articles/-/215982

2018年04月13日(金)
● その他
# ▼ 麻疹
NHK:のぞみで品川から名古屋へ 感染拡大に注意を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180413/k10011402391000.html
厚労省:はしか全国拡大に注意を 沖縄で流行
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29344420T10C18A4CR0000/
# ▼ 話題
総務省:日本の総人口 7年連続減少 少子高齢化も一層進む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180413/k10011401761000.html
● インフルエンザ流行情報
厚労省:インフルエンザの発生状況について
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000203359.pdf
宮城県:インフルエンザ警報 解除
http://www.news24.jp/nnn/news8738250.html
福井県:県が警報解除
http://mainichi.jp/articles/20180412/ddl/k18/040/297000c
愛媛県:県内インフル、報告数1.3人減
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201804120034
● 医学・医療・医薬
厚労省:ロタウイルスに関するQ&A
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/Rotavirus/
● 鳥インフルエンザ
兵庫県:伊丹市−カラス大量死 陸鳥初、インフル集団感染
https://mainichi.jp/articles/20180412/k00/00e/040/261000c


2018年04月12日(木)
● インフルエンザ流行情報
新潟県:インフル警報解除 昨年より2週間遅く
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180411386240.html
● その他
# ▼ 麻疹
沖縄県:麻しん(はしか)患者の発生状況について
http://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/eiken/kikaku/kansenjouhou/measles.html
沖縄県:はしか終息まで1〜2カ月か 「2回のワクチンが有効」 県庁で緊急アピール
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/236154

2018年04月11日(水)
● その他
# ▼ 麻疹
沖縄県:はしか患者1人増え35人に 30代男性、職場で感染か?
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/235377
## もう、どうにも止まらない、。
朝日新聞:台湾から「輸入はしか」沖縄で感染拡大 「三次感染」も
https://www.asahi.com/articles/ASL4B4S45L4BULBJ006.html
# ▼ 医療
財務省:軽いかぜは患者の自己負担上乗せ 医療費など抑制へ提案
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180411/k10011399291000.html
# ▼ サイエンス
文部科学省:「国際的に十分な成果出ていない」 研究者の認識増える
https://www.asahi.com/articles/ASL4B440ML4BULBJ005.html

2018年04月09日(月)
● その他
# ▼ 麻疹
沖縄県:はしか患者、2人増え33人に 宜野湾市の小学生と3歳児
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/234254



今週の診断件数:2855件・・・ただいま第02週

日 から直近の1週間を 
2018-01-08より2018-01-14までのデーターを表示しています。この期間に2855件が登録されました。そのうち特異例(重症例)が0件です。
この1週間に1件以上報告されたプロジェクト協力医師数は144名で、一人当たりの報告は20.6件です。

※ 有志医師一人当たりの報告数の日本地図は、 こちらのページです。流行期に先頭ページと置き換えます。

北海道
58
青森県
0
秋田県
9
岩手県
0
山形県
9
宮城県
0
石川県
153
新潟県
15
福島県
32
山口県
165
島根県
32
鳥取県
51
福井県
0
富山県
76
長野県
19
群馬県
31
栃木県
0
広島県
49
岡山県
58
兵庫県
114
京都府
44
滋賀県
74
岐阜県
34
山梨県
113
埼玉県
112
茨城県
50
佐賀県
0
福岡県
42
大分県
40
大阪府
277
奈良県
54
三重県
122
愛知県
137
静岡県
27
東京都
176
千葉県
90
長崎県
24
熊本県
176
宮崎県
209
愛媛県
22
香川県
35
和歌山県
36
神奈川県
78
鹿児島県
6
高知県
0
徳島県
0
沖縄県
6

報告件数と背景色
 0件  5件未満 10件未満 20件未満 30件未満 30件以上

 

今シーズンの報告(累計:52122)

※ インフルエンザの報告が少ない間、報告数の推移を詳しく知るには、 こちらのページが分かりやすいと思います。
[当DBへの診断数の経日変化グラフ]
※グラフは診断日で集計されています

本DBで提供される情報利用についての注意

本DBは有志医師からの自主的な報告を集計しております。集められた報告の地域分布や定量性については、実際の流行乖離している可能性は十分にあり得ます。 このプロジェクトの情報収集方法 を十分に理解し、表示されている情報の解釈とその利用は、ご自身の責任において行ってください。