トップページに戻る

このプロジェクトについて
プロジェクトのお誘い
インフルエンザ流行状況

My DATA

その他
お問い合わせ
■管理者:西藤なるを 西藤小児科 こどもの呼吸器・アレルギークリニック
訪問者数

(Since 2005/11/03)
presented by
Children Research Online

インフルエンザ関連トピックス

2016年12月08日(木)
● 鳥インフルエンザ
愛知県:鳥インフルエンザの猛威拡大のおそれ 動物園の一部閉鎖も
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00343882.html
● その他
# ▼ 麻疹
朝日新聞デジタル:はしかの後遺症、知って
http://www.asahi.com/articles/DA3S12695914.html
# ▼ サイエンス
国際自然保護連合:キリン「消える恐れ」 30年で4割減、絶滅危惧種に
http://www.asahi.com/articles/ASJD82PLNJD8ULBJ001.html
# ▼ 話題
ロイター:ローマ法王がメディアに強い警告、「偽りの情報拡散は罪」
http://jp.reuters.com/article/romepope-idJPKBN13X0AG
阪大:夏目漱石の生前の姿を再現 アンドロイドが完成
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161208/k10010799741000.html
ジョン・レノン:命日を受けてオノ・ヨーコがメッセージをツイート
http://nme-jp.com/news/30716/

2016年12月07日(水)
● インフルエンザ流行情報
静岡県:センター試験目前、富士の高校がインフルエンザで学校閉鎖
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20161206/Tbs_news_76074.html
● 鳥インフルエンザ
愛知県:東山動物園のコクチョウ1羽 鳥インフルの陽性反応
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161207/k10010797751000.html

2016年12月06日(火)
● インフルエンザ流行情報
富山県:インフルエンザ流行拡大 8つの小中学校で学年・学級閉鎖
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/?TID_DT03=20161205174903
● 鳥インフルエンザ
北海道:ハヤブサから高病原性鳥インフルエンザ
http://www.sankei.com/life/news/161205/lif1612050047-n1.html
● その他
# ▼ 話題
GIGAZINE:ビル・ゲイツが選ぶ「2016年に読んだ記憶に残る5冊の本」
http://gigazine.net/news/20161206-bill-gates-best-books-2016/

2016年12月03日(土)
● インフルエンザ流行情報
厚労省:インフルエンザ拡大 患者数は推計10万人
http://www.news24.jp/articles/2016/12/02/07348077.html
● 鳥インフルエンザ
茨城県:水戸市−死んだオオハクチョウから鳥インフルエンザウイルス
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161202/k10010793301000.html
福島県:福島市−死んだオオハクチョウから鳥インフル陽性反応
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161202/k10010792951000.html
● その他
# ▼ 医療
岡山県:若者を性感染症から守るには 岡山で4日に市民公開講座
http://www.sanyonews.jp/article/455556

2016年12月02日(金)
● インフルエンザ流行情報
兵庫県:インフルエンザの発生状況について
http://web.pref.hyogo.lg.jp/press/20161201_351ebe375b3870884925807c0022cd25.html
● 鳥インフルエンザ
青森県:2例目の鳥インフル…最初の農場近く
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161202-OYT1T50106.html
● その他
# ▼ 医療
オーストラリア:55倍もの大幅値上げが敢行されたエイズ治療薬を学生がわずか230円で製造することに成功
http://gigazine.net/news/20161201-student-hiv-aids-drug/

2016年11月30日(水)
● 鳥インフルエンザ
新潟県:鳥インフル検出、上越市の養鶏場でも
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161130-OYT1T50079.html

2016年11月29日(火)
● 鳥インフルエンザ
青森県:青森市−“鳥インフル”食用アヒルを殺処分
http://www.news24.jp/nnn/news890139339.html
新潟県:関川で鳥インフル確認 養鶏31万羽を処分へ
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20161129294120.html

2016年11月25日(金)
● インフルエンザ流行情報
感染研:インフルエンザ全国流行入り 昨季より1か月以上早く
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161125/k10010783971000.html
石川県:インフルエンザ早くも流行期入り
http://www.news24.jp/nnn/news87115001.html
● その他
# ▼ サイエンス
デンマーク気象研究所:北極の異常な高気温、気候変動の「悪循環」が拍車
http://www.afpbb.com/articles/-/3109158

2016年11月23日(水)
● インフルエンザ流行情報
富山県:過去10年で2番目の早さ インフルエンザ流行期入り
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/?TID_DT03=20161122173034
● 鳥インフルエンザ
韓国:鳥インフル拡大、最大養鶏場でも感染疑い
http://news.biglobe.ne.jp/international/1123/tbs_161123_3607515871.html
北海道:鳥インフルエンザ「数年で最も危険」 道が警戒本部幹事会
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0341163-s.html
秋田県:秋田市の鳥インフル、国が調査開始
http://www.sakigake.jp/news/article/20161123AK0001/
鹿児島県:鳥インフルは高病原性 出水市の野生ツル
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kagoshima/article/291024

2016年11月18日(金)
● インフルエンザ流行情報
感染研:インフルエンザ 来週にも全国的な流行期に入る可能性
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161118/k10010774131000.html
岩手県:県内流行期入り 平年より1カ月早く
http://mainichi.jp/articles/20161117/ddl/k03/040/016000c
栃木県:インフルエンザで学校休業 今季初、栃木工業高
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20161118/2512771
● 鳥インフルエンザ
秋田県:大森山動物園で鳥インフルエンザの陽性反応
http://www.asahi.com/articles/ASJCK34JPJCKUBQU00F.html


今週の診断件数:327件・・・ただいま第49週

日 から直近の1週間を 
2016-12-04より2016-12-10までのデーターを表示しています。この期間に327件が登録されました。そのうち特異例(重症例)が0件です。
この1週間に1件以上報告されたプロジェクト協力医師数は78名で、一人当たりの報告は4.6件です。

※ 有志医師一人当たりの報告数の日本地図は、 こちらのページです。流行期に先頭ページと置き換えます。

北海道
17
青森県
1
秋田県
4
岩手県
0
山形県
1
宮城県
0
石川県
76
新潟県
3
福島県
9
山口県
8
島根県
2
鳥取県
2
福井県
0
富山県
37
長野県
3
群馬県
15
栃木県
0
広島県
10
岡山県
10
兵庫県
16
京都府
1
滋賀県
1
岐阜県
8
山梨県
0
埼玉県
4
茨城県
10
佐賀県
0
福岡県
0
大分県
0
大阪府
15
奈良県
6
三重県
8
愛知県
3
静岡県
1
東京都
13
千葉県
8
長崎県
0
熊本県
0
宮崎県
0
愛媛県
1
香川県
1
和歌山県
15
神奈川県
17
鹿児島県
0
高知県
0
徳島県
0
沖縄県
1

報告件数と背景色
 0件  5件未満 10件未満 20件未満 30件未満 30件以上

 

今シーズンの報告(累計:1193)

※ インフルエンザの報告が少ない間、報告数の推移を詳しく知るには、 こちらのページが分かりやすいと思います。
[当DBへの診断数の経日変化グラフ]
※グラフは診断日で集計されています

本DBで提供される情報利用についての注意

本DBは有志医師からの自主的な報告を集計しております。集められた報告の地域分布や定量性については、実際の流行乖離している可能性は十分にあり得ます。 このプロジェクトの情報収集方法 を十分に理解し、表示されている情報の解釈とその利用は、ご自身の責任において行ってください。