トップページに戻る

このプロジェクトについて
プロジェクトのお誘い
インフルエンザ流行状況

My DATA

その他
お問い合わせ
■管理者:西藤なるを 西藤小児科 こどもの呼吸器・アレルギークリニック
訪問者数

(Since 2005/11/03)
presented by
Children Research Online

インフルエンザ関連トピックス

2014年08月22日(金)
● その他
# ▼ エボラ出血熱
WHO:エボラ感染の米医師ら回復 未承認薬投与「奇跡のよう」
http://www.asahi.com/articles/ASG8Q2W6NG8QUHBI005.html
南アフリカ:感染地域からの入国禁止
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140822/mds14082200590005-n1.htm
# ▼ 医療
アッヴィ:「保育施設に通う乳幼児の健康とRSウイルス感染症」に関する意識調査
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000006491.html
# ▼ サイエンス
NASA:「全廃」のオゾン破壊物質、なお放出
http://sankei.jp.msn.com/science/news/140821/scn14082122170001-n1.htm
英国:増え続ける科学論文を止めよ(記事紹介)
http://johokanri.jp/stiupdates/education/2014/08/010276.html

2014年08月21日(木)
● 医学・医療・医薬
九大:インフルエンザ感染で免疫低下 九大が仕組み解明
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO75932520R20C14A8CR8000/
● その他
# ▼ 麻疹
感染研:麻しん風しん予防接種の実施状況
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou21/hashika.html
宮崎県:はしか感染今年4人目
http://www.yomiuri.co.jp/local/miyazaki/news/20140820-OYTNT50252.html
# ▼ エボラ出血熱
アメリカ:エボラ感染で帰国の米医師が退院、未承認薬で治療
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0GL0XL20140821
ミャンマー:エボラ出血熱、東南アジアでも感染の疑い
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2279459.html

2014年08月20日(水)
● その他
# ▼ エボラ出血熱
WHO:エボラ死者1229人に 西アフリカ、増加続く
http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014081901001742.html
WHO:エボラ感染国に出国者全員の検査実施を要請
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0GI21T20140818
# ▼ サイエンス
東洋経済:"役に立たない"基礎科学が大事なワケ
http://toyokeizai.net/articles/-/45680

2014年08月19日(火)
● その他
# ▼ エボラ出血熱
WHO:エボラ死者1229人に 西アフリカ、増加続く
http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014081901001742.html
WHO:エボラ感染国に出国者全員の検査実施を要請
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0GI21T20140818
# ▼ サイエンス
東洋経済:"役に立たない"基礎科学が大事なワケ
http://toyokeizai.net/articles/-/45680

2014年08月18日(月)
● その他
# ▼ エボラ出血熱
ニューリンク:エボラ用ワクチンの治験を数週間以内に開始可能
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0GE04M20140814
アラブ首長国連邦:エボラ感染疑われる女性 アブダビの空港で死亡
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140818/k10013898731000.html
WFP:エボラ熱による感染地域、国境封鎖で100万人食料難恐れ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014081702000122.html
# ▼ 話題
Microsoft社:ブルースクリーンが2014年8月のWindows Updateで発生・起動不能の可能性、マイクロソフトがアンインストールを推奨
http://gigazine.net/news/20140818-ms14-045-blue-screen-of-death/

2014年08月16日(土)
● その他
# ▼ エボラ出血熱
WHO:死者1145人
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140816/mds14081607380001-n1.htm
WFP:100万人が食糧難の恐れ 感染地域封鎖、物資の動き制限
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140816/mds14081620290004-n1.htm
毎日新聞:「危機的状況」…リベリアの日本人国連職員
http://mainichi.jp/select/news/20140816k0000e030164000c.html
# ▼ 医療
東大: 「ワクチン米」でコレラの下痢抑える 東大が開発 15年にも臨床試験
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG1500B_W4A810C1MM0000/

2014年08月15日(金)
● その他
# ▼ エボラ出血熱
WHO:エボラ出血熱の感染規模、過小評価されている
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0GF05D20140815
リベリア:エボラ出血熱の未承認治療薬、リベリアに到着
http://news.tbs.co.jp/20140814/newseye/tbs_newseye2274091.html

2014年08月12日(火)
● その他
# ▼ エボラ出血熱
AFP:エボラ出血熱の実験薬を西アフリカに供与、米医薬品開発企業
http://www.afpbb.com/articles/-/3022869
NHK:ギニアの2歳児が最初の感染者か
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140812/t10013762231000.html
NHK:WHOが伝えるエボラ感染拡大の経緯
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140812/k10013762261000.html

2014年08月11日(月)
● その他
# ▼ エボラ出血熱
ナイジェリア:新たに感染した4人に同じアメリカ人との接触歴
http://www.huffingtonpost.jp/2014/08/10/4-newly-reported-ebola-cases-in-nigeria_n_5667011.html
GSK:米研究所と共同開発のエボラ熱ワクチン、近く臨床試験 英GSK
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0GB05M20140811

2014年08月10日(日)
● その他
# ▼ エボラ出血熱
リベリア:感染遺体放置で抗議デモ、病院も閉鎖
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140810/mds14081010400002-n1.htm


今週の診断件数:2件・・・ただいま第34週

日 から直近の1週間を 
2014-08-17より2014-08-23までのデーターを表示しています。この期間に2件が登録されました。そのうち特異例(重症例)が0件です。
この1週間に1件以上報告されたプロジェクト協力医師数は2名で、一人当たりの報告は1.0件です。

※ 有志医師一人当たりの報告数の日本地図は、 こちらのページです。流行期に先頭ページと置き換えます。

北海道
0
青森県
0
秋田県
0
岩手県
0
山形県
0
宮城県
0
石川県
0
新潟県
0
福島県
0
山口県
0
島根県
0
鳥取県
0
福井県
0
富山県
0
長野県
0
群馬県
0
栃木県
0
広島県
0
岡山県
0
兵庫県
0
京都府
0
滋賀県
0
岐阜県
0
山梨県
0
埼玉県
0
茨城県
0
佐賀県
0
福岡県
0
大分県
0
大阪府
0
奈良県
0
三重県
0
愛知県
0
静岡県
0
東京都
0
千葉県
0
長崎県
0
熊本県
0
宮崎県
2
愛媛県
0
香川県
0
和歌山県
0
神奈川県
0
鹿児島県
0
高知県
0
徳島県
0
沖縄県
0

報告件数と背景色
 0件  5件未満 10件未満 20件未満 30件未満 30件以上

 

今シーズンの報告(累計:2)

※ インフルエンザの報告が少ない間、報告数の推移を詳しく知るには、 こちらのページが分かりやすいと思います。
[当DBへの診断数の経日変化グラフ]
※グラフは診断日で集計されています

本DBで提供される情報利用についての注意

本DBは有志医師からの自主的な報告を集計しております。集められた報告の地域分布や定量性については、実際の流行乖離している可能性は十分にあり得ます。 このプロジェクトの情報収集方法 を十分に理解し、表示されている情報の解釈とその利用は、ご自身の責任において行ってください。