インフルエンザの流行状況/おくのこどもクリニック

MLインフルエンザ流行前線情報データベースより


「おくのこどもクリニック」におけるインフルエンザの流行状況

発生状況についてのコメント [記載日:2018年02月18日]
インフルエンザが猛威をふるってきますが、先週をピークにやや患者さんは減少してきたようです。クリニックの今シーズンのインフルエンザ確定例が700例を越しました。これはこの数年でもこの時期としてはかなり多い数になります。厚生労働省による報告は以下。2018年第6週(2月5日〜2月11日)の定点当たり報告数は45.38(患者報告数223,928)となり、前週の定点当たり報告数54.33よりも減少した。都道府県別では高知県(67.67)、山口県(62.82)、大分県(60.28)、宮崎県(57.17)、鹿児島県(56.66)、北海道(55.39)、福岡県(53.22)、岩手県(52.09)、埼玉県(51.37)、沖縄県(50.81)、千葉県(50.30)の順となっている。8道県で前週の報告数よりも増加がみられた。39都府県で前週の報告数よりも減少がみられた。年齢別では、0〜4歳が約26万人、5〜9歳が約50万人、10〜14歳が約34万人、15〜19歳が約16万人、20代が約14万人、30代が約19万人、40代が約26万人、50代が約19万人、60代が約17万人、70歳以上が約20万人となっている。また、2017年第36週以降これまでの累積の推計受診者数は約1,632万人となった。国内のインフルエンザウイルスの検出状況をみると、直近の5週間(2018年第2〜第6週)ではB型が最も多く、次いでAH3型、AH1pdm09型の順であった。

 → 過去のコメントを見る


この1週間のインフルエンザの状況[集計期間:2018-02-17 〜 2018-02-23]

診断件数  この1週間の診断件数:102名 (先週比

インフルエンザの種類  この1週間のタイプ  A型:B型:不明 26.47%:73.52%:0%

年齢分布  これまでの累計

男女比  これまでの累計
性別件数割合(%)
女性37746.08%
男性44153.91%
不明00%


このページについて
「MLインフルエンザ流行前線情報データベース」は全国の有志医師からの自主的な情報提供をリアルタイムで集計表示しているWebサイトです。そのうち、下記の有志医師が所属する医療機関のインフルエンザの診断状況のみをこのページで集計表示しております。もしかかりつけの医療機関で診断数が公開されていましたら、身近なインフルエンザの発生を予想するためにそちらもご覧下さい。
医師名   :奥野 昌彦
医療機関名 :おくのこどもクリニック
所在地   :滋賀県長浜市南高田町195番地
ホームページ:http://www.okunokodomo.jp/
滋賀県における有志医師からの報告集計はこちらのページになります。全国の集計はMLインフルエンザ流行前線情報データベースのトップページをご覧下さい。

MLインフルエンザ流行前線情報データベース