トップページに戻る

このプロジェクトについて
プロジェクトのお誘い
インフルエンザ流行状況

My DATA

その他
お問い合わせ
■管理者:西藤なるを 西藤小児科 こどもの呼吸器・アレルギークリニック
訪問者数

(Since 2005/11/03)
presented by
Children Research Online


= MLインフルエンザ流行前線情報DB =

[愛知県のシンボルマーク] 愛知県・市町村毎 報告数

日本地図 > 愛知県


愛知県では、今シーズンの本DBに、これまで3名の医師が報告してくださいました(累計)。当エリアの人口は7,444,513人であり[注]、 このページでは人口10万人当たり0.04人の医師に訪れた患者を評価しています。10万人当たりに1名以上の観測点が集まるように有志となって下さる先生を捜しております。 もしも本DBへ症例を登録してくださる先生はこのサイトの管理者までご連絡下さい。登録方法などをご連絡いたします。
・[注]各都道府県の人口データーは「統計局・統計センターホームページ」より取り寄せました。
愛知県のインフルエンザ関連トピックス
'2017年09月14日(木)
● インフルエンザ流行情報
安城で今季県内初の集団かぜ
https://mainichi.jp/articles/20170913/ddl/k23/040/179000c

'2017年07月10日(月)
● その他
春日井で「ヒアリ」発見 中国からのコンテナ
http://www.asahi.com/articles/ASK7B4CYSK7BOIPE00Q.html

'2017年06月30日(金)
● その他
名古屋港でも強毒の「ヒアリ」を確認
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170630/k10011035691000.html

'2017年05月10日(水)
● 鳥インフルエンザ
鳥インフル流行終息、課題浮き彫りに 検査備品や人手不足
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20170510/CK2017051002000053.html

'2017年01月24日(火)
● インフルエンザ流行情報
豊橋市−インフルエンザ警報レベル超え
http://www.tonichi.net/news/index.php?id=58074
名古屋市−新たに4区にインフルエンザ注意報
http://www.news24.jp/nnn/news86233251.html

'2016年12月12日(月)
● 鳥インフルエンザ
鳥インフルの可能性否定できず 名古屋・東山動物園が休園
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161211/k10010802861000.html

'2016年12月08日(木)
● 鳥インフルエンザ
鳥インフルエンザの猛威拡大のおそれ 動物園の一部閉鎖も
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00343882.html

'2016年12月07日(水)
● 鳥インフルエンザ
東山動物園のコクチョウ1羽 鳥インフルの陽性反応
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161207/k10010797751000.html

'2016年02月03日(水)
● インフルエンザ流行情報
名古屋市−インフルエンザなど学級閉鎖相次ぐ
http://www.news24.jp/nnn/news86228462.html

'2015年11月18日(水)
● その他
名古屋市−RSウイルス感染症報告数が前月比5倍、乳幼児は注意を
http://resemom.jp/article/2015/11/18/28018.html

'2015年09月03日(木)
● インフルエンザ流行情報
岡崎市−保育園で集団インフル 今季初、園児10人感染
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20150903/CK2015090302000043.html

'2015年03月14日(土)
● その他
小児科病院の院長が作った戦隊ヒーローが本気すぎて子供が号泣www【動画】
http://news.aol.jp/2015/03/13/bzcs_yumekuri/

'2015年01月05日(月)
● インフルエンザ流行情報
豊橋市−インフルエンザ注意報レベルに
http://www.tonichi.net/news/index.php?id=42051

'2014年05月03日(土)
● インフルエンザ流行情報
インフルエンザ患者報告数、全国で減少- 県が警報解除
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/42642.html

'2014年01月23日(木)
● インフルエンザ流行情報
インフルエンザ警報発令
http://www.tonichi.net/news/index.php?id=34787

'2014年01月16日(木)
● インフルエンザ流行情報
集団かぜで、清須市など小中学校で学級閉鎖
http://news24.jp/nnn/news86217348.html

'2013年11月27日(水)
● インフルエンザ流行情報
愛知医科大病院で、インフルエンザ集団感染
http://www.news24.jp/nnn/news86216668.html

'2013年06月08日(土)
● その他
新城市−風疹予防接種に助成
http://www.tonichi.net/news/index.php?id=29800

'2013年05月30日(木)
● その他
瀬戸市−予防接種費を助成 同居家族も対象 長久手市も方針
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20130530ddlk23040178000c.html

'2013年05月21日(火)
● その他
名古屋市−風疹予防接種費用を全額助成へ
http://news24.jp/nnn/news86213657.html

'2013年05月20日(月)
● その他
名古屋市−風疹予防接種 全額助成へ
http://mainichi.jp/select/news/20130520k0000e040198000c.html

'2013年04月18日(木)
● その他
名古屋の風疹患者、過去最悪のペース
http://news24.jp/nnn/news86213162.html

'2013年02月26日(火)
● インフルエンザ流行情報
蒲郡・豊橋で集団風邪続く
http://www.tonichi.net/news/index.php?id=27671

'2013年02月22日(金)
● その他
オオグソクムシ国内で初の孵化 … 竹島水族館
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aichi/news/20130221-OYT8T00090.htm

'2013年02月07日(木)
● インフルエンザ流行情報
インフルエンザ、全県「警報」続く
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20130207/news20130207778.html

'2013年02月02日(土)
● インフルエンザ流行情報
東海地方も流行本格化 集団感染を警戒
http://mainichi.jp/select/news/20130203k0000m040040000c.html

'2013年01月29日(火)
● インフルエンザ流行情報
豊橋市内のインフルエンザ猛威
http://www.tonichi.net/news/index.php?id=27090

'2012年09月27日(木)
● 鳥インフルエンザ
豊橋市−埋却ウズラ46万羽、年内に焼却
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20120927ddlk23040205000c.html

'2012年08月10日(金)
● その他
名古屋市−風疹患者が倍増
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=62936

'2012年04月05日(木)
● 鳥インフルエンザ
養鶏協会−鳥インフルエンザに見舞金 独自の互助事業
http://www.keimei.ne.jp/article/20120405n1.html

'2012年01月31日(火)
● インフルエンザ流行情報
インフル患者数、愛知県で倍増 1医療機関あたり49人
http://www.nikkei.com/news/local/article/

'2012年01月17日(火)
● インフルエンザ流行情報
集団感染が急増 県が注意呼びかけ
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20120117ddlk23040268000c.html

'2011年12月22日(木)
● インフルエンザ流行情報
県が警報 2番目の早さ「予防に注意を」
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20111222ddlk23040126000c.html

'2011年08月24日(水)
● インフルエンザ対策
インフル予防で共同事業 10月から健保連と県医師会
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20110823/CK2011082302000099.html?ref=rank

'2011年03月11日(金)
● 鳥インフルエンザ
新城市−鳥インフル終息宣言
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000001103110002

'2011年03月10日(木)
● 鳥インフルエンザ
終息宣言 家禽移動制限を解除
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110310/biz11031011100014-n1.htm

'2011年02月18日(金)
● 鳥インフルエンザ
新城市−2例目も強毒「H5N1型」
http://www.asahi.com/politics/jiji/JJT201102180131.html

'2011年02月14日(月)
● 鳥インフルエンザ
鳥インフル2例目=全国16例目
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011021400859

'2011年01月29日(土)
● 鳥インフルエンザ
豊橋市−鳥インフル、ウイルス強毒性
http://www.asahi.com/national/update/0129/NGY201101290002.html

'2011年01月27日(木)
● 鳥インフルエンザ
豊橋市−初日は2700羽殺処分
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110128k0000m040095000c.html

'2011年01月20日(木)
● インフルエンザ流行情報
インフル患者急増、県が注意報
http://mytown.asahi.com/areanews/aichi/NGY201101190011.html

'2011年01月18日(火)
● インフルエンザ流行情報
集団かぜ流行で学級閉鎖相次ぐ
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000001101180004

'2010年08月27日(金)
● その他
大半の市町村、補助せず 任意予防接種6種
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20100827/CK2010082702000107.html

'2010年05月18日(火)
● インフルエンザ対策
ワクチン17万回分余る 県、国へ返品を要望
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20100518ddlk23040069000c.html

'2010年02月24日(水)
● コラム・社説
豊橋市ー「感染源は不明」最終報告
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100224k0000m040159000c.html

'2010年02月19日(金)
● 新型インフルエンザ対策
名古屋市
http://www.jiji.com/jc/p?id=20100219163643-8985032

'2010年01月26日(火)
● 新型インフルエンザ
名古屋市−新型インフルで4歳児死亡 持病なし
http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010012601000831.html
● 新型インフルエンザ対策
ワクチン“在庫”に過不足も 一般接種きょう開始
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/swine/list/201001/CK2010012602000212.html

'2010年01月25日(月)
● 新型インフルエンザ対策
「新型」ワクチン接種前倒し あすから
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010012590172404.html



愛知県における市町村毎の報告地図(2017-11-09〜2017-11-15)

この1週間に1件以上報告されたプロジェクト協力医師数は2名で、一人当たりの報告は0.5件です。

有志医師一人あたり報告件数と背景色
 0件  5件未満 10件未満 20件未満 30件未満 30件以上


集計表と地図の表示に間違いがありましたら、管理者までご一報下さい。

愛知県における市町村毎の報告数(2017-11-09〜2017-11-15)

市町村番号市町村名陽性総数報告総数報告医療機関数
231096 名古屋市熱田区 1 1 1
※ 有志医師一人あたりの報告数ではありません

愛知県の報告数推移(グラフ)

愛知県の報告Type推移(グラフ)

【本DBで提供される情報利用についての注意】 本DBの表示は、有志の医師によって自主的に報告された集計です。集められたデータの地域分布や定量性については、まだ実際の流行との妥当性の検討が十分ではありません。 情報の当データーベースの情報収集方法を十分に理解して、表示されている情報の解釈とその利用は、ご自身の責任において行ってください。