トップページに戻る

このプロジェクトについて
プロジェクトのお誘い
インフルエンザ流行状況

My DATA

その他
お問い合わせ
■管理者:西藤なるを 西藤小児科 こどもの呼吸器・アレルギークリニック
訪問者数

(Since 2005/11/03)
presented by
Children Research Online

インフルエンザ関連トピックス

2018年04月25日(水)
● その他
# ▼ 麻疹
愛知県:名古屋市−県内ではしかの感染が拡大 あらたに3人の感染確認で患者数は8人に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00006723-cbcv-soci
愛知県:新たに3人の女性の感染確認 愛知で8人目
https://mainichi.jp/articles/20180426/k00/00m/040/066000c
愛知県:1歳女児はしか 10代男性から感染拡大か
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29792110U8A420C1000000/
感染研:麻疹 4.対策・ガイドラインなど
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ma/measles/221-infectious-diseases/disea
HUFFPOST:はしかが沖縄で流行中、専門医がGW旅行「キャンセルよりワクチンを」と呼びかけるわけ
https://www.huffingtonpost.jp/2018/04/24/measlestravel_a_23419200/

2018年04月24日(火)
● その他
# ▼ 麻疹
愛知県:病院で拡大、5人目感染を発表
https://mainichi.jp/articles/20180425/k00/00m/040/127000c
愛知県:名古屋市−麻しん患者の発生について(第3報)
http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/cmsfiles/contents/0000007/7866/masinkanzy
沖縄県:はしか患者、4人増 沖縄県内で71人に
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/241398

2018年04月23日(月)
● インフルエンザ流行情報
岩手県:今季のインフル、春の再ピークにも注意
https://www.asahi.com/articles/ASL4K5X2NL4KUJUB00V.html
● その他
# ▼ 麻疹
沖縄県:はしか70人に 新たに4人判明
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-705999.html
# ▼ 医療
千葉大:ギラン・バレー症候群 免疫抑制の薬で重症患者の70%余が回復
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180423/k10011413961000.html
# ▼ サイエンス
Nature:素数ゼミ、221年に1度の交雑確認 大発生の謎に迫る
https://www.asahi.com/articles/ASL4N51TRL4NULBJ00Z.html

2018年04月21日(土)
● その他
# ▼ 麻疹
沖縄県:同県で2人増え67人に うち27人は症状軽い「修飾麻疹」
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/240939
沖縄県:はしか感染、30代が最多 ワクチン接種1回世代
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/240877
宮城県:はしか感染の女性客室乗務員、仙台発着便に搭乗
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180421-OYT1T50018.html
愛知県:名古屋の女性「はしか」に 病院勤務、患者から感染か
https://www.sankei.com/west/news/180421/wst1804210067-n1.html

2018年04月20日(金)
● インフルエンザ流行情報
愛媛県:県内インフル報告数、前週比1.3人減
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201804190043
● その他
# ▼ 麻疹
沖縄県:患者65人に 新たに2人の感染確認
https://mainichi.jp/articles/20180420/rky/00m/040/001000c
台湾:はしか感染拡大を防げ 桃園国際空港で消毒強化
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201804200005.aspx

2018年04月19日(木)
● その他
# ▼ 麻疹
沖縄県:新たに2人感染 県内はしか65人に 感染力弱い「修飾麻疹」19人
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-703688.html
# ▼ 医療
中国:北京−親心が招く一極集中
http://tabi.chunichi.co.jp/from-the-world/180131beijin.html

2018年04月18日(水)
● インフルエンザ流行情報
滋賀県:県内のインフルエンザが終息 例年より1カ月早く
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20180418/CK2018041802000005.html
● 鳥インフルエンザ
農林水産省:日本 清浄国に−鳥インフルエンザ
http://www.jacom.or.jp/nousei/news/2018/04/180417-35067.php
● その他
# ▼ 麻疹
沖縄県:県内はしか63人に 新たに7人判明
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-703011.html
台湾:はしか感染13人に 5人はタイガーエア台湾社員 衛生省が調査へ
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201804180004.aspx

2018年04月17日(火)
● その他
# ▼ 麻疹
沖縄県:はしか患者、沖縄で新たに4人 合計56人に
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/238764
沖縄県:学級閉鎖 名護の中学校、生徒1人感染
https://mainichi.jp/articles/20180417/rky/00m/040/006000c
茨城県:麻しん(はしか)患者の発生について
http://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/yobo/kiki/yobo/kansen/idwr/press/2018041
## 沖縄県の流行との関連性は、、。
##
厚労省:“輸入はしか”沖縄で感染拡大 国が注意呼びかけ
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125290.html

2018年04月16日(月)
● その他
# ▼ 麻疹
沖縄県:県内のはしか患者、6人増え52人 職場内感染の可能性も
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/237953

2018年04月14日(土)
● その他
# ▼ 麻疹
厚労省:旅行先の沖縄で名古屋の10代男性がはしかに感染
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/237303
沖縄県:新たに3人、はしか感染 県内患者は計46人
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-700761.html
# ▼ 医療
UCLA:最先端の医学では「白米は体に悪い」が常識だ
https://toyokeizai.net/articles/-/215982


今週の診断件数:420件・・・ただいま第16週

日 から直近の1週間を 
2017-04-16より2017-04-22までのデーターを表示しています。この期間に420件が登録されました。そのうち特異例(重症例)が0件です。
この1週間に1件以上報告されたプロジェクト協力医師数は89名で、一人当たりの報告は5.4件です。

※ 有志医師一人当たりの報告数の日本地図は、 こちらのページです。流行期に先頭ページと置き換えます。

北海道
38
青森県
1
秋田県
25
岩手県
0
山形県
1
宮城県
0
石川県
51
新潟県
16
福島県
11
山口県
9
島根県
7
鳥取県
10
福井県
0
富山県
10
長野県
3
群馬県
11
栃木県
0
広島県
3
岡山県
3
兵庫県
37
京都府
9
滋賀県
21
岐阜県
10
山梨県
4
埼玉県
5
茨城県
10
佐賀県
0
福岡県
1
大分県
1
大阪府
24
奈良県
2
三重県
2
愛知県
21
静岡県
3
東京都
22
千葉県
14
長崎県
0
熊本県
4
宮崎県
24
愛媛県
2
香川県
2
和歌山県
1
神奈川県
1
鹿児島県
1
高知県
0
徳島県
0
沖縄県
0

報告件数と背景色
 0件  5件未満 10件未満 20件未満 30件未満 30件以上

 

今シーズンの報告(累計:52216)

※ インフルエンザの報告が少ない間、報告数の推移を詳しく知るには、 こちらのページが分かりやすいと思います。
[当DBへの診断数の経日変化グラフ]
※グラフは診断日で集計されています

本DBで提供される情報利用についての注意

本DBは有志医師からの自主的な報告を集計しております。集められた報告の地域分布や定量性については、実際の流行乖離している可能性は十分にあり得ます。 このプロジェクトの情報収集方法 を十分に理解し、表示されている情報の解釈とその利用は、ご自身の責任において行ってください。